So-net無料ブログ作成
検索選択

展示作品 [作品の写真]

引き続き作品の写真です。

カップとタンブラーです。

白土の素地に黒土の象嵌(ぞうがん)をした模様が入っています。

象嵌とは・・・素地の表面に線や面で模様を彫り、
       そこに素地とは違う色の粘土を入れ、模様を浮かび上がらせる技法。

ここでは白色の粘土で作ったカップにラフに線を彫り、そこに黒色の粘土を入れています。

内側には織部釉を掛けました。

カップ1.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。