So-net無料ブログ作成
検索選択

化粧泥を塗る [作業日記]

多くの品物は「化粧泥」を塗っています。

化粧泥とは・・・粘土(カオリン、蛙目(がいろめ)粘土、木節粘土など)を水で溶いたもの。

白、黒、オレンジ、緑、などなど。
白い化粧泥に酸化金属(酸化鉄、酸化クロム、二酸化マンガン、酸化コバルト、など)
を入れて色を出しています。

塗り方は・・・

少し薄めに溶いた化粧を何回か重ね塗りをします。
そうすると素地とよくくっつき、また刷毛目が馴染みます。
(刷毛目を出したいときは逆に、濃いめの化粧泥を一回塗りします)

白い素地に黒化粧泥を塗ります。

塗り始め サッ サッ サッ
刷毛塗り開始.jpg

一回目、塗り終わりました
一回目.jpg

続いて二回目の重ね塗り 
二回目.jpg
これを何回か繰り返します。

内側も
内側刷毛塗り.jpg
掛け分けをするので釉薬を掛けるところは塗らないように。ペタ ペタ ペタ

完成です
化粧塗り完成.jpg

化粧泥にズブッと浸けてしまうと素地とのくっ付きが悪くなるのと、
掛け分けをよくするので、刷毛塗りの方法を選んでいます。

数が多くなると何日も刷毛塗りの繰り返し、、、、でも面白いです。
ここ数日、上手く塗れる事を日々考えながら刷毛塗り刷毛塗りです。


共通テーマ:アート

底の切れた水盤を [作業日記]

手びねりで水盤を作ったのですが・・・ざんねん。底が切れてしまいました。
水盤.jpg

よく底を見ると・・・
切れ.jpg
ヒビが・・・

時間がないときに、ついつい乾燥を急いでしまう事があります。

大きいものや、細工の細かいものは

特に注意して乾燥させないといけないのですが、、、

やってしまいました。

こうなるともう品物になりません。


しかし、よく見ると粘土再生用の鉢に使える形。

底に切れがあると水も早く抜けていいかも。


仕事を続けていると、上手くいかなかったか事が、いつかは役に立つ事が多くあります。

上手くいかない事を、実験して一つ一つ確認していく作業の連続です。

共通テーマ:アート

粘土は焼くと [作業日記]

粘土を焼くと、作り初めの大きさから焼成後は2まわりぐらい小さくなります。

この収縮は粘土によって違いがあるので、テストピースを作り、
どのくらい収縮するのか調べます。

テストの方法は・・・

テストピースの原型を用意。
粘土に10㎝のメモリを入れてあります。
テスト原型.jpg

これに石膏を流し型取りします。
型.jpg
型ができました。

アップで見ると・・・
型のアップ.jpg
メモリがしっかりついています。

完全に乾燥させてから型にテストしたい粘土を入れます。
ぐいっ、ぐいっ、ぐいっと。
空気が入らないようにしっかり押し込みます。
粘土を入れる.jpg

余分な粘土を「しっぴき」で切り取ります。
しっぴきを入れる.jpg
「しっぴき」とは・・・
粘土を切る時に使う道具で、
ワイヤーピアノ線、凧糸、水糸など細く丈夫な素材ならいろいろ使えます。

石膏と粘土に隙間が出来るまで乾燥させます。
乾燥中.jpg
良い頃合いで型から外します。

原型と同じもが出来ました。
石膏から外す.jpg
10㎝のメモリが入っているので、このまま乾燥・焼成するとどのくらい収縮するのかが分かります。

使用する粘土は全部テストしておきます。
型で作らなくてもテストピースは出来ますが、
同じ型を使えばテストピースを並べ、比較する事が出来るのでいろいろと参考になります。

共通テーマ:アート

マグカップの取手を [作業日記]

今日はマグカップの取手を付ける作業です。

毎日使うマグカップ。

使いづらいと、いつの間にか食器棚の後ろの方にいき、ほとんど使わない状態に。

器としては「使われてこそ」なので、棚の前列に出れるようなものを作ろうと試行錯誤してます。

特に取手と口当たりは、自分で何度も使い、試します。

取手をタタラで作り、木の丸棒に乗せていきます。
取手.jpg
洗濯ものを干しているみたいです・・

触っても形が崩れない程の固さになったら、ボディに取り付けます。
取り付け面にキズを付け
キズを付ける.jpg

ドベを塗ります。
ドベ付け.jpg

ドベとは・・・粘土を水で溶いたもので、粘土同士の接着剤となります。
ドベ.jpg

接着
取手付け.jpg
しっかり付けます。

こんな感じに
取手付け後.jpg

マグカップは熱い飲み物を入れることが多いので、持った時に取手が取れてしまったら危険です。
しっかり付けるため、接続部分に細い紐にした粘土を巻き付け補強します。
紐を付ける.jpg
これで大丈夫でしょう。
取手とボディの一体感も出ます。

そして、指に当たる部分の角を取ります。
ナイフで一削り。シューっと。
一削り.jpg
ちょっとしたことですが、指が当たる部分は特に気を使って。

この後は、室に入れてゆっくりと乾燥させます。
接着したものは特にゆっくりと。














共通テーマ:アート

小さなテーブル [作業日記]

丸く切った木の台を陶芸制作によく使います。
丸板.jpg
この上で作り、そのまま乾燥させることが出来るので、
作品をあまり触らないで細工したり、移動したりできるので便利です。

常滑で制作していた時に陶器工場から頂いたのですが、
だんだん水で劣化して使いづらくなってきました。

そこで、捨てるのはもったいないと思い小さなテーブルにしてみました。

足をつけ、ペンキを塗ると
テーブル.jpg
なかなか良い感じです。

ついでに小さなイスも・・・
イスとテーブル.jpg
小さなテーブルセットができました。


長く使い込まれた道具は美しく、いくら見てても飽きません。
時間を経た木の感じが暖かくて、ここでお茶をするとなんだか落ち着きます。








共通テーマ:アート

看板制作 [作業日記]

工房の一画に作品展示のギャラリーオープンしたので、看板を作りました。

文字以外の部分をマスキングして、スプレーでシューーっと。 

なんだか上手くいかず、失敗すること数回、、、

やっと上手くいきました。

看板.jpg
これで良いか。

クイを打って取り付ければ完成です。

こちらはDMです。
表面
dm1.jpg 
裏面
dm2.jpg

毎週土曜日のみのオープンですが、陶芸にご興味ある方のご来店お待ちしております。

共通テーマ:アート

アルミ板を叩いて [作業日記]

たまに土からはなれ、他の素材を使い気分転換しています。

最近は鉄、アルミ、銅などを使うのですが、土もまだまだ分からないことが沢山あるのに、
金属は分からないことだらけです。

でもそれが面白いところで、
日々いろいろな素材を、「こうするとどうなるかな?」と考えるのは楽しみの一つです。


アルミ板でランプシェードを作りました。

アルミの板を用意し四角に切ります。
アルミ板.jpg

コンパスで丸くケガキ、
鉄ばさみで切っていきます。
ジョキジョキ
ハサミ.jpg

この道具でアルミ板を叩き、曲線を作っていきます。
鍛金道具.jpg
コーンコーン コーンコーン 工房内に響き渡ります。

こんな感じになりました。
完成.jpg

セットしてみると
組み立て後.jpg
イマイチか・・・

合間を見て、今度は「絞り」をしてもう少し深めのものを作ろうと思います。

この「絞り」作業をすると一枚の金属板からコップなどの筒の形にすることが出来ます。
また今度「絞り」の作業も載せようと思います。











共通テーマ:アート

菊練り [作業日記]

沢山の粘土を使う場合は「土練機」という機械で練り、少量の粘土は「菊練り」をしています。

粘土を練ると、粘土内の空気が抜け、固さが均一になり、粘りが増します。

粘土内に空気が残っていると、ロクロを挽いた時、空気の穴が出来てしまったり、
素焼きの時に、熱で粘土内の空気が膨張し、素地が割れてしまうことがあります。

よくいわれる爆発というものですね。
一つ割れるのならまだしも、周りの品物にも影響があると損害は・・・

機械で練っても、菊練りしても、完全にはなくならないので、
作っている途中で空気のふくらみを見つけたら、その都度しっかりつぶしておきます。

まずは荒練りを
ぐいっ、ぐいっ。
菊練り−1.jpg
大体固さを均一にします

それを織り込んでまとめてます
菊練り−2.jpg

ここから菊練り

せーの
菊練り−3.jpg

ぐいっ
菊練り−4.jpg

持ち上げて
菊練り−5.jpg

ぐいっ
菊練り−6.jpg

これを少しずつずらしながら100回〜200回ぐらい繰り返します。

同じ動きで少しずつ力を抜いていくと、粘土がまとまっていきます。
菊練り−7.jpg

立てて完成です。
土練り−8.jpg











共通テーマ:アート

粘土の再生 [作業日記]

工房の工事も終わりにして、いよいよ制作開始です。

と、その前に、たまった粘土の削りカスを再生します。

粘土は焼かなければ何度も再生できますが、
再生作業はいつも後回しになり、気づけばバケツ一杯に・・・。


再生土は乾燥させ、バケツに入れておきます。
粘土再生−1.jpg
乾燥していないと、ダマ(粘土の塊)になってしまい、後で土を練る時に面倒になります。

粘土が隠れるぐらいの水を入れます。
粘土再生−2.jpg
1日置いておくと、粘土が水を吸ってドロドロになります。

石膏鉢に布を敷き、そこにドロドロ粘土を入れます。
粘土を布で覆い、1週間〜2週間置いておきます。
粘土再生−3.jpg

粘土の水分を石膏鉢が吸い取り、徐々にドロドロ粘土が堅くなっていきます。
粘土再生−4.jpg
毎日確認し、手で触ってもくっ付かない程度になったら石膏鉢から外します。
布をとって荒練りし、乾燥させないようにビニール袋に入れます。

そのまま半年〜1年ぐらい寝かします。
これをすることで粘土のバクテリアが働き、再生土を粘りのある扱いやすい土に変えてくれます。


コメント(1) 
共通テーマ:アート

焼き損じたものは [作業日記]

焼き損じの作品達・・・一度焼いたものはどうにもならないのが陶芸。
3度焼きまでは大丈夫。と習いましたが、
ヒビの入ったものや、釉の流れたものは残念ながら処分です。

なぜ失敗したかをノートに書きとめ、次の制作に生かすようにして、
涙を飲んで壊します。
陶器の処分.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。